沖縄県 沖縄市で建築家と建てる高性能な注文住宅の工務店
公式LINE登録

公式LINE登録

イベントに申し込む

イベントに申し込む

個別相談を希望する

個別相談を希望する

モデルハウス見学

モデルハウス見学

公式LINE登録

公式LINE登録

イベントに申し込む

イベントに申し込む

個別相談を希望する

個別相談を希望する

モデルハウス見学

モデルハウス見学

建築家とつくる高性能な注文住宅「R+house」

R+house建築家
個性をカタチに、賢い家づくり いい家は、いい家づくりから生まれる。R+house(アールプラスハウス)は、工務店や職人、建築家など家づくりに関わるすべてのプロフェッショナルが一心となり、その土地、その家族の “個性” をカタチにしていきます。あなたにとっての最適な暮らしを突きつめた「賢い家づくり」を実現します。

あなたらしい新しい家づくり

「おうちを建てたい」と思った時、自分の理想に近い「いい家」を選ぼうとしていませんか。人々の価値観は多様化し、既にある選択肢から選ぶことが難しくなっています。「いい家」を「選ぶ」のではなく、「いい暮らし」を「つくる」という考え。既成概念にとらわれない、新しい家づくりをしてみませんか。あなたが知らない新しい「選択肢」があります。
物件画像

”R+house”だから叶うこと

建築家に依頼をするということは、贅沢なことであり予算のある人がすること、というイメージを持たれる人が多く、一般的に [ 建築家] は身近な存在ではないのかもしれません。しかし建築家の役割はむしろ、「予算が多くない」「敷地が狭い」などの諸条件に対してアイデアを生むことなのです。R+house の建築家ネットワークには、一定の基準をクリアした建築家が登録されており、そこから、あなたに合った建築家を推薦します。住み手のライフスタイルに合った暮らしも、デザインも住宅性能も手に入ります。そうなると当然気になるのは、お金のことR+house は建築家との打ち合わせ回数や設計上のルールを設けることで、高いコストパフォーマンスを発揮し、バランスの良い家づくりを実現できるのです。
リビング画像
部材については多種多様取り揃えていますが、建築家住宅にふさわしいものとしてセレクトしたものの中からみなさまのもとにお届けします。しくみをひとつひとつ構築することで叶ったR+houseで、個性をカタチに、賢い家づくりをしてみませんか。
>>建築家とつくるおしゃれなデザイン性の高い家づくりについて詳しくはこちら

R+houseが選ばれる3つの魅力

R+houseの住宅は「高断熱・高気密・高耐震」にとことんこだわっています。“夏は涼しく、冬は暖かい住宅”を叶えるためには、外の暑さや寒さの影響を部屋の中に与えないことが大切なポイント。そして、高断熱な住宅をより快適な状態で長持ちさせるために、一般的に高気密とされる気密性能値を大きく上回る家づくりを実現させています。また、「耐震性」については2つのポイントで、地震に強い家を実現しています。

1、高断熱・高気密

⾼断熱の指標となる「UA値」

住宅の断熱性能は「UA値(外皮平均熱貫流率)」と呼ばれる指標で表されます。この数値が0に近いほど、高断熱な家づくりになっていきます。⽇本の断熱性能の基準である「省エネ基準」では、茨城県を含めた関東での基準でUA値0.75や0.87といった基準値が定められていますが、R+houseの平均UA値は0.52と、大きく基準を上回り、高断熱な家づくりであると言えます。 

ZEH基準が標準仕様

R+house沖縄市南では、沖縄県として基準が存在しないところ、長期優良住宅の基準をはるかに上回る県内トップクラスの断熱性能ZEHグレードを標準仕様としています。断熱性能がよいと、暖冷房費を抑えられ、また一年中快適に過ごすことができます。
株式会社あすなろ建設|R+house×WBhouse|の家づくり写真

高気密の指標となる「C値」

住宅の快適性は、外気が入る可能性がある建物の隙間の量に影響されるため、気密性の良さが求められます。住宅の気密は「C値(隙間相当面積)」と呼ばれる指標で表されています。このC値は床面積1㎡あたりの隙間面積(㎠)で示され、UA値と同様に数値が0に近いほど、隙間の少ない高気密な住宅になります。日本で建てられる住宅の一般的な目標は5.0(㎠/㎡)とされているのに対し、R+houseがお届けする住宅は1.0(㎠/㎡)以下を標準とし、高気密な住宅のご提案をしています。

2、高耐震

建物の構造を専門とする建築士による徹底した耐震性チェック

R+houseのすべての住宅は、構造専門の建築士が、その耐震性をさまざまな角度から厳密にチェックしています。建物にかかる荷重、風圧力、地震力など、様々な調査が実施されています。
R+houde耐震性

独自のパネルである「R+パネル」を使用した木造軸組工法 

フェノールフォーム断熱材とMDF合板を組み合わせた「R+パネル」は断熱性能が高く、湿気にも強いので経年劣化しにくく、防火性能にも優れています。また、「R+パネル」は面全体で力を支えるので力が分散し、横からの強い力にも耐えることができます。壁倍率2.5倍という強度を持ち、優れた耐震性を発揮するので、耐震等級2以上を基準とし、等級3の確保も可能です。
耐震等級

耐震等級

建物の地震に対する強さを表す指標として、品確法が定める住宅性能表示制度に耐震等級というものがあり、3段階の等級が設けられています
>>快適で暮らしやすい「高断熱・高気密・高耐震」の家について詳しくはこちら

3、コストパフォーマンス

R+houseでは高性能住宅を手の届く価格で提供するために独自のルールを設けています。その範囲内で建築家が設計することで、高品質でありながらも手の届く価格を実現しています。例えば、部材においてはメーカー直接発注により仕入れ価格を大幅に削減。長く使用できる材料を採用することで、メンテナンスコストの削減にも取り組んでいます。無駄なコストを極限まで省く様々な工夫を施しています。
#注文住宅
#新築
#R+house

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

株式会社あすなろ建設|R+house×WBhouse|の家づくり写真

木造建築 最高レベルの耐震等級3

沖縄本島では1926年に震度5以上相当の揺れに見舞われた以来、その規模の地震は起きていません。ですが防災科学技術研究所の地震動予測地図をみると、今後震度6弱以上の揺れに見舞われる確率は4~18%となっています。また沖縄は毎年台風に耐えなくてはいけません。耐震も耐風も、計算することで安心して家づくりをすることができます。
株式会社あすなろ建設|R+house×WBhouse|の家づくり写真

安心した資金計画

一生に一度の住宅購入。住宅購入で一番重要なのは、アドバイザー(パートナー)を見つけることです。
住宅を購入するときは、①「土地」、②「建物」、③「予算」の3つのバランスが重要です。
株式会社あすなろ建設|R+house×WBhouse|の家づくり写真

快適な空間を実現する換気システム

住み心地の良い家をつくりたい。それなら、空気のよどみをなくし、快適な空間を実現する「換気システム」について考えることが大切です。部屋に滞留した空気を外気と循環することによって、健康そして住宅寿命を改善できます。
R+house建築家

建築家による設計力とデザイン

あすなろ建設×R+house沖縄市南では、お客様の理想の暮らしや今後のライフプラン、沖縄県ならではの立地条件や周辺環境を踏まえて、建築家がお客様にとっての最適なプランを設計し、ご提案します。
健康住宅に住む家族

「人」と「住まい」を健康に

理想の暮らしを手に入れたい。それなら「人」と「住まい」が健康になる家を提供する、あすなろ建設×R+house沖縄市南にお任せください。
株式会社あすなろ建設|R+house×WBhouse|の家づくり写真

高性能で高品質な木造建築

暮らしを豊かにする大きな役割が家にはあります。長きにわたって暮らす場所だからこそ、きれいな空気の中、健康を守るバランスの取れた室温で快適に過ごしていただきたい。大切な家を安心・安全にいつまでも使い続けられるように。計算された木造建築で高性能な住宅を。未来を見据えた住宅をあすなろ建設×R+house沖縄市南はつくっています。

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅をご紹介します。

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

株式会社あすなろ建設|R+house×WBhouse|の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.20

うるま市にすみたい方必見!マンションか戸建てどちらがオススメ?今後の価格見込みはどうなる?

株式会社あすなろ建設|R+house×WBhouse|の家づくり写真
お金
2024.05.20

住宅ローン控除が適用される条件とは?適用条件や期間について解説します。

株式会社あすなろ建設|R+house×WBhouse|の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.20

読谷村の中古マンション価格相場は?マンションと一戸建てどちらがおすすめ?

株式会社あすなろ建設|R+house×WBhouse|の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.20

中城村の中古マンション価格相場は?マンションと一戸建てどちらがおすすめ?