沖縄市で建築家と建てる高性能な注文住宅の工務店
TOP
強み
イベント
コラム
イベントの<br>予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの<br>相談をする

家づくりの
相談をする

イベントの<br>予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの<br>相談をする

家づくりの
相談をする

家づくりノウハウ
公開日:2023.08.08
最終更新日:2023.08.08

うるま市にすみたい方必見!マンションか戸建てどちらがオススメ?今後の価格見込みはどうなる?

あすなろ建設の家づくり写真

目次

うるま市は、沖縄本島の中部に位置する美しい自然と温暖な気候が魅力の都市です。また、近年は観光客の増加に伴い、住宅需要も高まっています。
そんなうるま市で中古マンションと一戸建てどちらを買うべきか?悩んでいる人も多いのではないでしょうか?
本記事では、うるま市における中古マンションの価格相場や将来の推移、さらに一戸建ての建築価格事例と比較して、マンションと一戸建てのどちらがおすすめなのかを検討してみましょう。
成約価格推移や価格変動の要因、過去の売買事例などを踏まえて、将来の見通しを探ります。
うるま市で中古マンションと一戸建てどちらを買うべきか?悩んでいる方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

結論:長く住むなら戸建てがおススメ

うるま市で中古マンションと一戸建てどちらを買うべきか?は、ライフスタイルや予算によって異なります。もし、初期費用を抑えたい、メンテナンスの手間を省きたい、セキュリティを重視したい、共用設備を重視したい場合は、マンションがおすすめです。もし、広々とした空間を確保したい、自由にリフォームやDIYをしたい、隣家との距離を広くしたいという場合は、戸建てがおすすめです


中古マンションの相場ってどのくらい?

まずはうるま市の中古マンションの相場について見ていきます。データに基づく公示価格や成約価格の推移を分析し、現在の市場状況を把握してみましょう。

うるま市のマンションの価格相場は上下を繰り返しながらも、2021年一月に最高額の39万に達したのを境に、徐々に下落傾向にあります。沖縄県全体におけるマンションの平均売却価格が47万円なので、うるま市は比較的低価格で売買されていることが分かります。

出典先:うるま市のマンション売却価格相場・推移 (t23m-navi.jp)
沖縄県のマンション売却価格相場・推移 (t23m-navi.jp)

一戸建ての場合はどうなる?

次に、マンションと一戸建ての比較を行います。一戸建ての場合、土地と建物の価格が影響を及ぼすため、成約価格の推移を見ながら建築価格事例を検証してみましょう。


一戸建ての売却価格相場ですが、3,200万円から3,800万円の間を推移しています。特に2023年に入ってからは大幅に上昇しています。特に新築戸建てにおいて売却価格が上昇しているようです。しかし坪単価として考えてみると、約114万円となり、1㎡あたりに換算すると34.6万円となります。

1㎡あたりの価格にしてみると、マンションは約30万、戸建ては約34万と、やや戸建てのほうが高い傾向があるようです。では今後の価格推移と見通しを考えていきましょう。

出典先:【アットホーム】うるま市の価格相場から新築一戸建ての物件を探す|新築分譲住宅・建売の購入 (athome.co.jp)

価格推移の理由と将来の見通し

まずはマンションの価格推移の理由や周辺環境の変化による影響を考えてみましょう。
うるま市のマンション価格は、上下しながらも緩やかに下落しています。考えられるのは以下の理由です。

・うるま市の人口増加率の伸び悩み
・地価の低下
・物件の老朽化

うるま市は、沖縄県の中心部に位置する市で、沖縄本島の中では2番目に人口が多い市です。しかし、近年では生産年齢つまり労働できる年齢の15歳から65歳での転出が多くなっています。これは市街や県外で就職する傾向がみられることが原因と考えられます。また、人口が増加しないとマンション需要は高くならないので、新築マンションが建築されにくくなり、マンションの価値や地価も下落していくと考えられます。

では、なぜ戸建ての販売価格は上昇しているのでしょうか。戸建ての場合国道の整備により石川地区へのアクセスが良好になり、郊外の広々した土地に戸建て住宅を購入することが増えたからだと考えられます。

出典先:うるま市のマンション(集合住宅・共同住宅)価格相場 | 沖縄県 (utinokati.com)
うるま市の一戸建て住宅(中古一戸建て・中古戸建て)価格相場 | 沖縄県 (utinokati.com)
うるま市人口ビジョン改訂版 

うるま市のマンションと戸建ての売買事例
過去の売買事例を参考に、実際の取引価格や条件について調査します。それに基づいて市場の傾向や需要動向を把握し、将来の売買事例についての展望を考えます。

マンション

・うるま市中央の3LDKマンション(築10年)が、3,000万円で売却されました。
  • ・うるま市具志川の2LDKマンション(築20年)が、2,500万円で売却されました。
  • ・うるま市石川の1LDKマンション(築30年)が、2,000万円で売却されました。

戸建て

・うるま市中央の4LDK戸建て(築20年)が、5,000万円で売却されました。
  • ・うるま市具志川の3LDK戸建て(築30年)が、4,000万円で売却されました。
  • ・うるま市石川の2LDK戸建て(築40年)が、3,000万円で売却されました。

  • これらの事例を見ると、うるま市の中古マンション、戸建ての価格は、築年数や立地条件によって大きく異なります。

マンションと一戸建ての選択

最後に、マンションと一戸建てのどちらがおすすめかについて検討します。両者のメリットやデメリットを比較し、個々のニーズやライフスタイルに合った選択肢を提案します。


うるま市でマンションと戸建てのどちらを購入するかは、ライフスタイルや予算によって異なります。もし、初期費用を抑えたい、メンテナンスの手間を省きたい、セキュリティを重視したい、共用設備を重視したい場合は、マンションがおすすめです。もし、広々とした空間を確保したい、自由にリフォームやDIYをしたい、隣家との距離を広くしたいという場合は、戸建てがおすすめです。

マンションのメリット


・戸建てに比べて初期費用が安い
  • ・管理費や修繕費がかかるので、メンテナンスの手間がかからない
  • ・セキュリティがしっかりしている
  • ・共用設備が充実している

戸建てのメリット


・広々とした空間が確保できる
  • ・自由にリフォームやDIYができる
  • ・隣家との距離が広いので、プライバシーが守られている
  • ・ペットを飼いやすい


まとめ

中古マンションの価格相場や成約価格推移、一戸建ての建築価格事例などを踏まえ、マンションと一戸建てのどちらがおすすめかを紹介しました。
一般的に、築年数が新しいほど、立地条件がよいほど、価格は高くなります

うるま市でマンションと戸建てのどちらを購入するか、ライフスタイルや予算によって異なります。初期費用を抑えたい、メンテナンスの手間を省きたい、セキュリティを重視したい、共用設備を重視したい場合は、マンションがおすすめです。

もし、広々とした空間を確保したい、自由にリフォームやDIYをしたい、隣家との距離を広くしたいという場合は、戸建てがおすすめです。
うるま市でマンションと戸建てを購入する際には、ライフスタイルや予算を考慮して、最適な物件を選ぶことが大切です。ぜひご検討ください。
#引っ越し #資産価値 #お金 #工務店 #間取り #暮らしの工夫 #注文住宅 #新築 #リフォーム
沖縄県読谷村の土地価格・相場について
読谷村の中古マンション価格相場は?マンション...
コラム/ブログ一覧へ戻る

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

お金
2023.09.04

住宅ローン控除が適用される条件とは?適用条件や期間について解説します。

家づくりノウハウ
2023.08.04

北中城村の中古マンション価格相場は?マンションと一戸建てどちらがおすすめ?

家づくりノウハウ
2023.07.31

中城村の中古マンション価格相場は?マンションと一戸建てどちらがおすすめ?

家づくりノウハウ
2023.07.26

読谷村の中古マンション価格相場は?マンションと一戸建てどちらがおすすめ?

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

あすなろ建設の家づくり写真

安心した資金計画

一生に一度の住宅購入。住宅購入で一番重要なのは、アドバイザー(パートナー)を見つけることです。住宅を購入するときは、①「土地」、②「建物」、③「予算」の3つのバランスが重要です。ただ、土地を決めるにしても、本当にこの土地に理想な家が建つのか、ここに造るのに、他の費用が掛からないかも建築会社へ確認しなければいけないし、もし費用がかかるのであれば、再度資金について銀行やファイナンシャルプランナーへ相談しなければいけません。
建物を決めるにしても、希望の建物の大きさによって、土地を変える必要があるかもしれないし、要望を詰め込んめば、その分の予算を確保しなければいけない。そうすると銀行やファイナンシャルプランナーへ相談しなければいけません。忙しい中時間を作ってご自身でそれぞれを調べるのは時間も労力もかかります。そこで「土地探し」は不動産会社、「建物」は住宅会社、「予算」は銀行やファイナンシャルプランナーと、その道のプロへ相談することが大切になります。3つを"一括して"サポートしてくれる方がいれば、スピーディで間違いのないバランスの取れた買い物ができるのです。
あすなろ建設の家づくり写真

快適で暮らしやすい高性能で高品質な家づくり

暮らしを豊かにする大きな役割が家にはあります。長きにわたって暮らす場所だからこそ、きれいな空気の中、健康を守るバランスの取れた室温で快適に過ごしていただきたい。また、家には地震から家族を守るシェルターとしての役割もあります。大切な家を安心・安全にいつまでも使い続けられるように。未来を見据えた住宅をあすなろ建設×R+house沖縄市南はつくっています。暮らしを豊かにする大きな役割が家にはあります。
R+house建築家

アトリエ建築家が設計するあなただけのデザイン

お客様の理想の暮らしや今後のライフプラン、立地条件や周辺環境を踏まえて、建築家がお客様にとっての最適なプランを設計し、ご提案します。 お客様の個性(=あなたらしさ)やライフスタイルは、家づくりにおいて重要な要素と考え、建築家は丁寧にヒアリングを行い、建築家ならではの発想であなたのためだけのデザインをご提案します。今、必要なものだけではなく、この先のお客様の暮らしを一緒に創造できるのが建築家です。

商品
私たちの商品をご紹介します。

R+house建築家

建築家とつくる高性能な注文住宅「R+house」

個性をカタチに、賢い家づくり いい家は、いい家づくりから生まれる。R+house(アールプラスハウス)は、工務店や職人、建築家など家づくりに関わるすべてのプロフェッショナルが一心となり、その土地、その家族の “個性” をカタチにしていきます。あなたにとっての最適な暮らしを突きつめた「賢い家づくり」を実現します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

Youtube動画
Youtubeで公開している動画をご紹介します。

Instagramで投稿している写真をご紹介します。