沖縄市で建築家と建てる高性能な注文住宅の工務店
イベントの<br>予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの<br>相談をする

家づくりの
相談をする

イベントの<br>予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの<br>相談をする

家づくりの
相談をする

中学受験は小学校の学区選びで変わる!沖縄県うるま市で注文住宅を建てる際に意識したい学区選びのポイント

暮らしのポイント
公開日:2023.12.25
最終更新日:2024.02.15
暮らしのポイント
公開日:2023.12.25
最終更新日:2024.02.15

中学受験は小学校の学区選びで変わる!沖縄県うるま市で注文住宅を建てる際に意識したい学区選びのポイント

株式会社あすなろ建設|R+house×WBhouse|の家づくり写真

目 次

全国的に中学受験をする家庭が増えているため、現在小学生から受験を見据えた家づくりをする家庭が多いです。
注文住宅を作る際に、中学受験を意識して小学校の学区選びを慎重に行うケースも増えています。
通う小学校によって、教育の雰囲気は違うため、小学校の学区選びで中学受験は変わると言っても過言ではありません。
今回は、沖縄県うるま市で人気の学区やエリア選びのポイントをご紹介します。

沖縄県うるま市で人気の学区とは

沖縄県うるま市には、小学校が18校ととてもたくさんあり、これから注文住宅を建てる場合には学区選びに悩みます。
人気がある学区を知ると、住まいのエリア選択の参考になるため、しっかりと把握しておきましょう。
うるま市は、自然が豊かで世界遺産がある地域なので、歴史の長い小学校もたくさんあります。
 

一番人気の学区は川崎地区

川崎地区は、自然と生活に必要な施設のバランスが整っています。
飲食店やコンビニ、病院などが充実しているため、家族世帯の場合はとても住みやすいエリアだといえるでしょう。
沖縄県うるま市で最も人気の学区は、字川崎117番地にある「川崎小学校」がある川崎地区です。
川崎小学校は、創立1945年と非常に歴史が古く、児童数も約400人とうるま市内では規模の大きな学校として知られています。
校区が広いため、遠距離通学でも問題なく通えるようスクールバスの利用も可能です。
スクールバスをするためには要件がありますが、該当すれば利用申請を行うとバス通学ができます。
歴史の古い学校ですが、しっかりと改築工事を行い、2001年には21世紀を展望したオープンスペース型の新校舎が完成し、より教育レベルの向上をはかっている点が人気の理由です。
英語指導助手のALTや母国語指導助手のNATなど、優秀な人材の積極活用を行い、レベルの高い授業を行っています。

また、隣接しているベクトル小学校との交流学習や国際協力事業団とも交流し、早い段階で英語に慣れる教育をはかっているため、指導力の高さが教育熱心な保護者からも共感を得ているのでしょう。
また、ITを活用した授業を行っており、取り組みが評価されて全国図書館協議会会長賞を受賞するなど、多くの実績を残しています。
中学受験に必要な読解力や考える力を養う環境が、川崎小学校は整っている点が魅力です。


新興住宅地の学区で人気なみどり町

沖縄県うるま市の中でも、住みやすくて人気がある学区はみどり町です。
自然豊かな環境でありながらも、スーパー・コンビニ・役所などが揃っているため、とても生活しやすいといえます。
新興住宅地なので公園が多く、子供を育てる環境が整っています。
みどり町1丁目にはマンモス校として知られている「天願小学校」があり、児童数約800人と沖縄県うるま市内で大規模校として有名です。
歴史の長い学校ですが、新しく建て替えもしているためしっかりと管理されています。
また、みどり町には塾が非常に多くあるため、中学受験への意識が高い学区です。
子育てしやすい環境の中、中学受験に対しても問題なく進める学区を希望している方には、特におすすめの学区だといえます。
 

教育意識が高い学区は喜屋武

沖縄県うるま市の中で、特に教育意識が高い学区は喜屋武です。
住宅街でもあるため、静かで落ち着いた印象もありつつ、病院・スーパー・銀行などの生活に欠かせない施設が充実しています。
子育て世帯でも暮らしやすく、不自由のないエリアだといえるでしょう。
喜屋武66番地にある「兼原小学校」は、非常に教育熱心で方向性が定まっている学校で、各学年で基礎学力の定着やICTを活用したきちんと児童が納得、理解できる授業構成をはかっています。
小学校から、きちんと学力に対しての評価基準・指標を用いているため、中学受験を目指す家庭は安心して通える学校だといえるでしょう。
家庭学習の習慣化も勉強時間を定めているため、家族一丸となって取り組む姿勢を学べます。
喜屋武には、個人指導の学習塾が多いため、児童それぞれに合った勉強が可能です。


沖縄県うるま市には私立小学校もアリ

沖縄県には4校のみ私立小学校が存在しており、その中の1つに沖縄県うるま市字栄野比に「沖縄アミークスインターナショナル小学校」があります。
低学年の頃から、他学年との触れ合い・他教科と関連を図る指導を重視した教育を行っている点が特徴です。
ICTを取り入れた授業を取り入れながら、LoiLoNoteを使用してプレゼンテーションを作成するなど、自身の考えを自分でまとめる力をつけられる授業方針が保護者から共感を得ています。
英語の授業でも、世界中のあらゆる国から集まっている教員チームで行われているため、多様性のあるプログラムを経験できます。
中学受験では、自主性が必要になるので学ぶ姿勢を小学校でしっかりと身につけられるため、教育意識の高い保護者から支持されているのです。
沖縄アミークスインターナショナル小学校では、数々のオンラインプログラム・アプリを使用しており、デジタル化も進んでいます。


沖縄県うるま市で人気の学区に通いやすいエリアや家づくり

沖縄県うるま市で人気の学区に通うためには、住むエリアがとても重要になります。
うるま市は地価平均(㎡)が4万9,000円程度と、沖縄県の中でもかなり手頃な価格で購入できる地域です。
坪単価は16万円程度で90万円程度する那覇市と比較すると、注文住宅を依頼しやすいといえるでしょう。
注文住宅を建てる際は、人気の学区に通いやすいエリアを選ぶことが重要です。


川崎小学校は学区範囲が広く通いやすい

川崎小学校は、以下が通学区域です。
 
●     昆布全域
●     栄野比全域
●     川崎全域
●     西原89〜97-1、743-1、744
 
通える学区範囲が広いため、注文住宅を購入する際も選択肢が広がります。
川崎地区は、生活しやすい環境が整っているおり、自然も豊かなので家づくりをするには魅力的なエリアだといえるでしょう。
沖縄アミークスインターナショナル小学校は、栄野比にあるため川崎小学校だけではなく、私立に通わせたい家庭にも魅力的です。
高い教育を受けさせたい、と考える保護者は川崎や栄野比エリアがおすすめといえます。


天願小学校に通うならみどり町・天願が住みやすい

天願小学校は、以下が通学区域です。
 
●     赤野921〜936、946〜997、1013〜1021、1027〜1046
●     宇堅全域
●     天願全域
●     みどり町全域
 
天願小学校の通学区域でおすすめなのは、みどり町・天願です。
どちらのエリアも自然が豊かで、住宅も多いため、静かで暮らしやすい環境が整っています。
天願には、古くから受け継がれている伝統芸能が数々あり、お祭りも盛んな地域なので子育て世帯におすすめだといえるでしょう。
みどり町は塾が多く、住宅街ながらも役所やスーパーなどがしっかり整っているため、中学受験を意識する家庭なら注目したいエリアです。
 

兼原小学校に通うなら喜屋武・仲嶺が通いやすい

兼原小学校は、以下が通学区域です。
 
●     平良川全域
●     喜屋武全域
●     仲嶺全域
●     喜仲全域
●     兼箇段628〜777、788〜1171-3、1181-1〜1273-3、1286-1、1291、1296、1301〜1301-5、1334-1、1337-1〜1338-3、1340-5
 
通学区域の範囲が広いですが、喜屋武・仲嶺がおすすめといえます。
住宅街で注文住宅を建てる人に人気のエリアで、静かで住みやすく、病院・スーパーもしっかり揃っているのでおすすめです。
土地利用計画が進んでおり、より商業化がされ、住宅も増えることが考えられる注目エリアの仲嶺も今後期待できるエリアでしょう。
 

まとめ

沖縄県うるま市で人気の学区や小学校について紹介しました。
うるま市の小学校は、非常に教育意識が高く、私立小学校もあるため、中学受験をする家庭も多いです。
注文住宅を依頼する場合は、しっかりとどの学区を選ぶのか検討することで中学受験へスムーズに対応できます。
首都圏同様、現在沖縄でも中学受験ブームがじわじわきているため、よく検討しましょう。
#沖縄県うるま市#注文住宅 #新築 #住みやすい街 #静か・閑静

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

家づくりノウハウ
2024.02.15

家の室温が18度以下はキケン!?健康寿命が縮む!?

家づくりノウハウ
2024.02.15

あなたの住まいづくりの不安?それ焦点ズレてるかも・・・

お金
2024.02.15

2023年最新住宅補助金制度

お金
2024.02.01

沖縄県の住宅ローン金利一覧・まとめ

前へ
小学校の学区選びで中学受験は変わる!
沖縄県沖縄市で注文住宅を建てる際に意識したい学区選びのポイント
2024年最新住宅補助金制度
次へ
小学校の学区選びで中学受験は変わる! 沖縄県沖縄市で注文住宅を建てる際に意識したい学区選びのポイント
2024年最新住宅補助金制度

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

株式会社あすなろ建設|R+house×WBhouse|の家づくり写真

木造建築 最高レベルの耐震等級3

構造計算とは、建築構造物・土木構造物などが、固定荷重・積載荷重・積雪荷重・風荷重・地震荷重などに対して、構造物がどのように変形し、構造物にどのような応力が発生するのかを計算することである。また、構造物がそのような変形や応力に耐えられるのかを判定することも含まれる。構造物の安全性や使用性を確認するのが目的である。
R+house建築家

建築家による設計力とデザイン

お客様の理想の暮らしや今後のライフプラン、沖縄県ならではの立地条件や周辺環境を踏まえて、建築家がお客様にとっての最適なプランを設計し、ご提案します。 お客様の個性(=あなたらしさ)やライフスタイルは、家づくりにおいて重要な要素と考え、建築家は丁寧にヒアリングを行い、建築家ならではの発想であなたのためだけのデザインをご提案します。今、必要なものだけではなく、この先のお客様の暮らしを一緒に創造できるのが建築家です。
健康住宅に住む家族

「人」と「住まい」を健康に

理想の暮らしを手に入れたい。それなら「人」と「住まい」が健康になる家を提供する、あすなろ建設×R+house沖縄市南にお任せください。

家づくりといえば新築のときはキレイで高性能ですが、築年数が増えていくにつれて劣化するイメージがありますよね。確かに通常の住宅だと、それが当たり前です。一方、健康を考えぬいたあすなろ建設の住宅は、長く快適で長持ちする家を実現できます。なぜ、あすなろ建設×R+house沖縄市南が健康な家をつくり出せるのか、その理由のすべてをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

Youtube動画
Youtubeで公開している動画をご紹介します。

Instagramで投稿している写真をご紹介します。